2018年06月01日

淡路に多い安藤忠雄作品

淡路島には なぜか「安藤忠雄」設計の作品が多くあります

この小さな島に

なんでこれほど世界的建築家の作品があるのでしょうか?

そのひとつがここ「本福寺」です

ご覧のように本堂はごく一般的なお寺ですが

この裏手にある「水御堂」がその作品です

どうですか?びっくりするデザインですね

屋根の上が 水盆 になっています

水盆の真ん中に見える堤防?のようなものが

御堂の中に通じる通路になっています

ここがお寺の中であることを忘れてしまいそうになります

しかも

建物全体が樹木に隠れているようになっているので

本当に神秘的な

空間になっています

淡路夢舞台の近くですので

興味のある方は是非行かれてみてはいかがでしょう

入館料はいりますが

中に入ることも可能です

中は コンクリートと和と自然との調和+神秘

といった感じでしょうか

posted by イチロー at 16:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: